きちょくれ大分ネットショップ
ログインはこちら
マイページ
新規会員登録はこちら

メインメニュー

トピックパス

ホーム> お酒

吟づくり 縣屋(あがたや) 焼酎25度/宇佐市

商品詳細
吟づくり 縣屋(あがたや) 焼酎25度/宇佐市
吟づくり 縣屋(あがたや) 焼酎25度/宇佐市
吟づくり 縣屋(あがたや) 焼酎25度/宇佐市

★創業300年以上の歴史を持つ老舗 縣屋酒造★
高精白吟造り・縣屋は麦焼酎の本流を継承している大分県最古の酒蔵の伝承のわざと気質から生まれた麦の自信作です。5割まで研ぎ澄まされた大麦を原料にし、発酵時に必要なミネラルを豊富に含んだ安心院盆地の清水を仕込み水に使用しました。高精白により、大麦特有の香りは抑えられますが、雑味のないまろやかな味わいをかもしだしています。常圧蒸留・減圧蒸留のブレンドで、淡麗旨口タイプが御好みの方に最適な焼酎です。

お湯割り、水割り、オンザロックといずれの飲み方でも深い余韻と優雅な味わいをお楽しみいただけます。
 
 

【縣屋酒造(株) 大分県宇佐市】

■酒造り
蔵のいのち

香りは風が、まろやかさは心が醸し出す

大地の温もりを感じ、

自然の刻(とき)の流れを感じながら

真っ直ぐに酒づくりと向かいあう。

まさに酒づくりは「心」が命。

日々、精進。そう想いながら幾年月...




■歴史を引き継ぐから、歴史をつくるへ
「徳左工衛門義徳」はフロンティアスピリッツに満ちあふれ、その三人の息子と一緒に醸造業を始めた。当時は酒・味噌・醤油にいたる全般を手掛けていたが、次男の「太兵衛義次」が酒造り部門を継承し、「あがたや」という屋号を取得した。なんでも宇都宮の親戚筋が今の福岡県甘木市の近くにあった秋月城の城下の「あがた」という地名のところに住んでいたことから命名したと伝えられている。現在の蔵は明治十年(1877年)頃に建て直されたと伝えられている(現存の一番古い蔵は天保[1830〜1844年]とのこと)。




【商品名】 吟づくり 縣屋 25度
【製造元】 縣屋酒造(株)

注)未成年者の酒類の購入や飲酒は法律で禁止されています。

送料はこちら

内容量:900ml

メーカー名:きちょくれ大分配送センター

商品コード:D73010100N

販売価格:978(税込)

(税抜 906)

在庫:12

配送種別:宅急便

配送サイズ:60サイズ

数量

◆◆この商品をチェックした人はこんな商品もオススメ!◆◆

超絶塩味 手羽先からあげ 2kg (税込 3,600円)

宇佐開運かちえび 40g×2 (税込 1,080円)

青たかな株詰め 2kg (税込 3,000円)

検索フォーム

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

人気ランキング

カート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計

ブログ

カレンダー

20173
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
20174
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 今日    定休日    イベント 

〜Links〜

世界農業遺産
国東半島・宇佐の農林水産循環